So-net無料ブログ作成

角膜潰瘍

0618タカナ2.JPG

ずいぶんとご無沙汰しておりました。

タカナの左目の緑内障は
ずっと目薬でコントロールできていたのですが
つい先日、「角膜潰瘍(かくまくかいよう)」になってしまいました。

つい先日、6月15日のことです。
タカナのそばでゴロンとしていたら
目の表面に傷があるのに気づき
急いでかかりつけ医のもとへ駆け込んだところ
角膜潰瘍との診断を受けました。

角膜潰瘍とは角膜の表面に傷ができる病気です。

目をショボショボさせたり、痛そうにしていたり、目が青白くなるなど
最初の症状が緑内障と酷似していて
ついに左目もきたのかと思っていましたが
別の病気でした。

少し前のフィラリアの検査で
肝臓の数値が異常に高かったので
調子が悪そうなのは
内臓の疾患かもしれないとも思っていたことも
発見が遅れた原因のひとつです。

調子が悪かったのはその前の週の週末ぐらいからなので
ずっと我慢させてしまっていました。
ごめんね、タカナ〜

タカナがぶどう膜炎になったときに
いろいろネットで検索して
画像でみたことのあるの症状だったので
おそらく角膜潰瘍だろうと思って受診し
検査を受けたところ
やはりそうでした。

検査はフルオレセインという薬液をつけ、
傷口を染色してみます。
傷をみたところ
目のど真ん中に傷がありました。

傷を治す「ヒアレイン」と抗生剤の「ロメワン」の2種の点眼薬、
さらに痛みどめも処方してもらいました。

点眼は1日、3〜4回。
緑内障の目薬はお休み。

帰宅後、点眼したあとは調子が良いように思えたのですが
2日たってもまったく回復の兆しはなく
再び動物病院を受診。
あらたな「パピテイン」という点眼を処方してもらいました。

しかし、いっこうに良くなりません。

先生から点眼回数を増やすのもひとつの手という
アドバイスを受け
1日6回(つまり3種なので18回の点眼)の点眼も試していますが
良くなるどころか
むしろ悪化しているようにも思えます。

寝起きはなかなか目が開かず
点眼するのも一苦労です。

以前通っていた大学病院の眼科は
最短で27日でないと診てもらえず
かかりつけでできる治療は
もうなさそうです。

ネットで調べた情報ですが
緑内障になると角膜が弱くなり
角膜潰瘍を起こしやすくなるそうです。

どなたか角膜潰瘍を経験された方がいらしたら
どんな些細な情報でも良いので
お知らせ頂けたら幸いです!!


0618タカナ3.JPG
6月18日のタカナの左目の様子


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。