So-net無料ブログ作成

9歳になりました!

0831タカナ_1.jpg

ブログの更新がご無沙汰となっておりました[あせあせ(飛び散る汗)]

その間、8月16日にタカナ[犬]も9歳になりました[バースデー]

ハッピーバースデイ[るんるん][るんるん][るんるん]

[目]の調子は変わらず良好です。

最近、歳のせいでしょうか[exclamation&question] それとも右目が見えていないからでしょうか[exclamation&question]
[三日月]の散歩であまり歩きたがらず
すぐに帰ろうとするタカナ[犬]

土曜に爪切り&肛門しぼりのために
近所の動物病院[病院]に行ったので
先生に聞いてみると
年齢のせいもあるけど
右目が見えないから怖いと感じているのかもということでした。

室内で排泄するのなら
[三日月]の散歩を早めにしてもいいのですが
排泄も兼ねているので、
夕方明るいうちの散歩に変更してしまうと
夜にもう1回散歩を追加せねばならず
飼い主の都合もあって
ちょっと悩み中[ふらふら]です。

ただ体重があと少しで
10キロの大台にのりそうだとわかったので
ご飯を減らしつつ
運動(散歩の距離を延ばす)もせねばと考えています。

夏の間は熱中症[晴れ]の心配もあって
あまり歩かなかったからな〜

ただ今日は久々のお出かけで
弾むように歩いていました[わーい(嬉しい顔)]

0831_a.jpg
0831_b.jpg
0831_c.JPG

たまには散歩ルートを変えることも大切ですね。

ロングリードで歩かせるときは
回りに尖った枝が落ちていないか、
ダッシュしたときにぶるかるようなベンチなどはないか
必ず確認するようにしています。

ダッシュが始まると
まわりが見えづらく
ぶつかってしまう恐れがあるので。

両目が見えているときはぶつからなかったようなモノでも
片方の目が見えなくなって
モノとの距離感がつかみづらくなり
ぶつかる恐れがあります。

とくに外では慣れしたんだ自宅とは違って
思わぬところに障害物がありますからね。

ときどき本当に岩のすれすれのところを歩いたりするので
ドキドキ[揺れるハート]します。

以前、老犬介護の専門の獣医師さんがおっしゃっていたのですが
100パーセント介護しないことが大切だということを
思い出しました。

完全にサポートしてしまうと
それに頼りっきりになってしまうからだそうです。

タカナの場合はそれとは少し違うかもしれませんが
もし障害物があってもすぐにリードを引くのではなく
あ、ぶつかるかなと思ったときだけ
引くようにしています。

そうしないと自分で障害物を避ける力(左目で見ようとする力)を奪ってしまいそうだからです。

もちろん両目が見えない子の場合は
そうも言っていられないとは思います。

その子の状態にあった介護が大切なんだと思います。











nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 2

みぃにゃん

お誕生日おめでとう!
嬉しそうに跳ねていますね。年齢を重ねるとどうしても介護がちらちらしてきますね。
いつまでも出来るだけ不自由なくすごしてほしいと願わずにはいられませんね。

by みぃにゃん (2014-09-01 23:11) 

アヤチル

みぃにゃんさん、
ありがとうございます!

昨年の誕生日は
ぶどう膜炎でとてもつらい思いをしていたので
今年はおだやかに迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
by アヤチル (2014-09-02 11:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。